シャツの着こなしを徹底的に解析

シャツの着こなし

厚手のTシャツって使える!!

今や通信販売で簡単に衣類が購入できる時代ですが、実際に手にとっていないので届いてから思っていた商品と違ったという声はよくあり、厚いものが欲しかったのに開けてみたら薄くて困ったなど生地に関する悩みも多く見られます。
特にTシャツは肌に直接触れるもので、1枚で着用することも多いです。
肌の色が透けてしまった、洗濯したらすぐに伸びてしまった、などトラブルが起きる前に生地が薄手なのか厚手なのか、しっかりと確認する必要があります。
ではどのように厚さをチェックするかですが、oz.(オンス)という表記を見てみるとよいでしょう。
オンスは重さの単位で、1ヤードあたりの重さを表していますので、生地が重ければ生地が厚く、目が詰まっている、と言えます。
4オンスでは薄手で、5オンスは薄すぎず厚すぎず、現在販売されているのはこれが一番多いでしょう。
6オンス以上になると厚手と言われ、手触りがしっかりしていると感じ取れるようになります。
厚手のTシャツは体系をカバーしてくれるので、欧米人に比べ華奢な日本人の体系に合うと言えます。
新たなファッションアイテムとして取り入れてみるといいです。

耐久性に優れた厚手のTシャツ

普段着の代表格として広く用いられているのが、Tシャツです。
安価で気軽に着られる服装として、カジュアルファッションに取り入れられています。
こうしたシャツの用途から、一般的にその生地は薄手である事が多いです。
しかし、薄手のシャツは耐久性で問題があり、使用してくるにつれて生地が擦り切れてしまいます。
また、薄い生地では、外からの衝撃に対してのガードが弱い傾向にあります。
しっかりとした厚手のシャツは、頑丈さの点で評価する事ができます。
特に、アクティブに日頃から動き回っている傾向が強い人は、耐久性があるTシャツを普段着として取り入れる事がメリットが大きいです。
デザインについても、薄手のものと比較して遜色なく、自由な色やプリントの中から商品を選ぶ事ができます。
これまで薄手のシャツでは物足りなかった人は、今度は厚めの生地で作られたTシャツを選んで着用してみれば、そのシャツを利用するメリットが分かってきます。

Favorite

東京で貸倉庫を探す
http://tokyo-fact.com/

Last update:2016/3/30


ページの先頭へ

Copy Right (C) シャツの着こなし All Right Reserved